ViTAKT

ViTAKTバランシングウォータージェルにはどんな効果が期待できるの?

投稿日:

ViTAKTバランシングウォータージェルの最大の魅力は「保湿効果が高い」ということにあります。ViTAKTバランシングウォータージェルはベタベタ感がほとんどなく浸透性が高いので、スキンケアをかなりスムーズに終わらせることが可能です。また、ViTAKTバランシングウォータージェルはオールインワンのアイテムですから、ヘトヘトのときでも朝の忙しい時間帯でも、パパっとケアを済ませることが叶います。
皮膚のトラブルの元凶である「保護能力のダウン」と「乾燥」を改善してくれる優秀な成分が豊富にはいっているので、皮膚が元々有している能力を底上げしてくれると言われていますよ。

1.塗布しすぎ・擦り過ぎ・洗浄のし過ぎはNG

ViTAKTバランシングウォータージェルには「皮膚の保護能力のダウン」をカバーする効果があります。ですから、オールインワンという形式が採用されています。一般的なスキンケアにおいては、クリーム、美容液、乳液、化粧水などのアイテムをそれぞれ使い分けることになりますので、皮膚へのダメージが重ねってしまう恐れがあります。特に心配なダメージは、これらの美容品を使う際に発生する「摩擦」です。ですが、ViTAKTバランシングウォータージェルはクリーム、美容液、乳液、化粧水の役割を全部こなしてくれるので、摩擦などのダメージを大幅に少なくした上で肌ケアを進めていくことが可能です。

2.美肌において重要になる「保護機能(バリア機能)」とは一体なに?

例えば入浴中に皮膚の内部に水分が大量に侵入するようなことはありません。これは、皮膚の最も外側に存在している「皮脂膜」と、その下部「角質層」に「保護機能(バリア機能)」があるからです。保護機能とは、つまり「細胞と細胞が密着して、皮膚の内部に異物や水が浸入するのをブロックする機能」のことです。また「皮膚の水分が気化しすぎるのをブロックする機能」のことも保護機能と言います。
ですが、皮膚の潤いが不足していると、徐々にこの保護機能が衰えていってしまいます。

3.皮膚の潤いをキープしてくれる三大保湿因子とは?

セラミド(角質細胞間脂質):角質層の細胞同士の空間を埋めて水分の気化をブロックしてくれる
NMF(自然保湿因子):角質細胞の中に存在しており水分をキープしてくれる
皮脂膜:皮膚の最も外側を覆って水分の気化をブロックしてくれる

これらのことを三大保湿因子と言います。
ちなみに、肌に存在する三大保湿因子の比率は、セラミド(角質細胞間脂質)が80パーセント、NMF(自然保湿因子)が17~18パーセント、皮脂膜が2~3パーセントくらいとなっています。

4.皮膚の保護能力がダウンした場合はどうなるの?

皮膚の保護能力がダウンしてしまうと、皮膚が乾燥する可能性が高いです。保護機能がダウンすることにより、皮膚の水分が少なくなって皮膚がカサカサしていくことになります。
また「皮膚の細胞の生まれ変わり」のことを指してターンオーバーというのですが、皮膚の保護能力がダウンすると、このターンオーバーの周期もおかしくなる可能性が高いです。
このままでは、肌の防衛能力が発動してしまい、角質層が肥厚化して皮膚のトーンが暗くなる場合もあります。また、皮膚に蓄積しているメラニン色素が排除されなくなり、シミとして残存してしまう恐れもあります。
ですから、この皮膚の保護能力をキープして、皮膚を健康で美しい状態に保ちましょう。
ちなみに、角質層の中の水分比率がおよそ3割以上であれば、皮膚の柔らかさ、すべすべ感、ハリがキープされ、保護機能が安定し続けると言われています。

4-1.保護機能が衰える要因は?

まず、ストレスが蓄積すると保護機能が衰えます。過剰なケア、UV、エアコンの風などの外部からの刺激や、免疫能力もダウンさせる内的なストレスによっても保護機能は衰えます。

5.ViTAKTバランシングウォータージェルに期待できる効果

ViTAKTバランシングウォータージェルには主に3つの効果が期待できます。
この3つの効果をきちんと受け取ることができれば、美肌をキープしていくことが可能となります。また、ツヤツヤでハリのある皮膚を手に入れる事もできるようになります。

5-1.すぐに角質層の奥部まで潤う

保護能力が衰えて水分が足りなくなっている皮膚には、まずスムーズに潤いを与えなければなりません。ViTAKTバランシングウォータージェルは「北アルプス温泉水」が土台となっています。これは、非常に柔らかい硬度20の水であり日本人の皮膚にマッチし、皮脂と混ざりやすいという特徴があります。ですから、カサカサの皮膚の角質層の奥部にまでスムーズに潤いを供給してくれます。

5-2.自然成分による優れた保水効果と保湿効果

皮膚は保水したらそれで終わりではなく、そのままのコンディションをキープしなければなりません。つまり「保湿」ですね。
ViTAKTバランシングウォータージェルに入っている以下の成分が保湿効果や保水効果を有しています。

5-3.天然セラミド

動物性の成分ですから、人体の細胞間脂質と性質が似ており、かなり秀でた保湿効果が期待できます。肌荒れをケアしたり、保護機能を安定させたりする効果があるので、アトピー性皮膚炎や敏感肌の方でも安全に保湿していくことが可能です。

5-4.3Dヒアルロン酸

3Dヒアルロン酸は一般的なヒアルロン酸に比べて皮膚に残る時間が長く、ずっと保水し続けてくれると言われています。なぜ「3Dヒアルロン酸」という名前なのかというと、成分の構造が「網目で立体的」だからです。

5-5.サクラン

多糖類でありスイゼンジノリから採取することが可能です。自重のおよそ6000倍もの純粋をキャッチするほどの保水効果があると言われています。サクランの細長い分子が皮膚の上でまんべんなく広がり、網目状の水分がたくさん入った薄いベールを作ってくれるので、乾燥などに襲われにくくなります。

5-6.【上記以外の自然成分】

保湿効果:チューベロス多糖体、シャクヤク根抽出液、ヨモギ葉抽出液、セイヨウトチノキ種子抽出液、セイヨウオオバコ種子抽出液
保水効果:米胚芽オイル、オリーブ果実油、ホホバ種子オイル

5-7.皮膚が元々持っている能力をサポートする

「熱ショックたんぱく質(ヒートショックプロテイン)」には、皮膚を色々な刺激からガードする効果があります。そして、ViTAKTバランシングウォータージェルにはアミノ酸の仲間である「エクトイン」と「ウチワサボテンオイル」という熱ショックたんぱく質の動きを補助する効果のある成分が入っていますので、自己修復能力がアップすると言われています。

5-8.ウチワサボテンオイル

ウチワサボテンオイルには美容成分がたくさん入っていますが、特に多く含有しているのは「ビタミンE」です。ビタミンEには、肌の温度の上げたり血行を良くしたりする効果があります。また、抗酸化効果や保湿効果にも秀でています。そして、リノール酸もウチワサボテンオイルンには入っています。リノール酸には肌の水分の気化をブロックして、水分を細胞の内部に留める効果があります。
また、ニキビに対する抗炎症効果やシミを引き起こすメラニンに働きかける効果があることも判明しています。ですから、皮膚の乾燥が引き起こすニキビやニキビ跡をケアするためにも役立つことでしょう。

5-9.エクトイン

エクトインは厳しい乾燥環境のエジプトの塩湖で、ただ一つ生息している生物に入っているアミノ酸の仲間です。そして、この生物の生命力を維持しているのが、エクトインという微生物が有している成分です。エクトインには秀でた保湿効果があり、水をキャッチして留める効果があります。また、UVからのガード、細胞保護、免疫系統保護、長時間の保湿効果など。色々なダメージから皮膚をガードする役目もあります。それから、浸透性がとても高いのもこの成分の魅力です。

まとめ、皮膚の保護能力を上げる効果と保湿効果があります。

皮膚の様々なトラブルのリスクを下げて、皮膚のアンチエイジングを進めていくためにはとにかく肌の乾燥を防ぐことが大事です。乾燥を放置していると、実年齢よりも歳を取って見えるようになってしまうので気を付けましょう。また、シワが発生しやすくなってしまいますし、皮膚のコンディションもニキビが増えやすいものへと近づいていってしまいます。
きちんと保湿を行い、保護機能を高めていくことができれば、皮膚の元々持っている能力が引き出されて、皮膚自身が美しくなっていきます。「肌本来のパワーに注目する」のが最適なスキンケア方法であるという事ですね。

また、いくらViTAKTバランシングウォータージェルを使っていたとしても、肌に負担をかけるような生活を続けていては、美肌を手に入れることはできませんし、どんどん皮膚のコンディションが悪くなっていってしまいます。ViTAKTバランシングウォータージェルを使いつつ、日頃の生活習慣や生活における行動なども見直してみることをおすすめします。

-ViTAKT
-

Copyright© 人気の美容アイテムでお肌の悩みを解決!口コミ・おすすめ・効果について知ろう! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.