ViTAKT

ViTAKTバランシングウォータージェルで時短ケア

投稿日:

多くの人が普段の肌ケアにおいて、例えば「化粧品→乳液→美容液→クリーム」にようなステップを毎回踏んでいると思います。しかも普通は1日2回、朝と寝る前などにケアをするでしょうから大変ですよね。また、それぞれのアイテムを使うたびに気を付けていても多少は肌を擦ることになりますから、肌へのダメージも心配です。

ですが、ViTAKTバランシングウォータージェルを使えばそのような悩みが解決できますよ。

1.ViTAKTバランシングウォータージェルとは?

ViTAKTバランシングウォータージェルはオフィシャルサイトで『5秒で叶う、上質スキンケア』と宣伝されているアイテムであり、使用者満足率は実に92パーセント。LEEという雑誌のベストビューティーアワードでもナンバーワンに輝いています。
120ミリリットルで9800円するので決して安くない商品ですが、どうしてここまで高く評価されているのでしょうか。

ここでは、ViTAKTバランシングウォータージェルが多くの人に愛されている理由を紹介していきます。

まず「全体の91パーセントが自然成分で構成されている」「6種類の添加物が不使用」ということなので、皮膚が敏感な方でも問題なく用いることが可能です。また、余計な成分が入っていないからこそ浸透性が非常に高く、優れた保湿効果も期待することができます。

皮膚への刺激を減らすという目的でオールインワン美容ジェルを購入する人はたくさんいますが、その中でもViTAKTバランシングウォータージェルが特に売れているのはなぜなのでしょうか。

2.ViTAKTバランシングウォータージェルは成分構成がすごい

ViTAKTバランシングウォータージェルのメインの成分は次の3つです。

・サクラン
・ウチワサボテンオイル
・北アルプス温泉水

これらの3種類の自然の保湿成分が皮膚をケアしてくれます。

2-1.北アルプス温泉水

北アルプス温泉水は、3000メートルレベルの北アルプスの雪解け水であり、自然の地層でろ過されています。ミネラルの調和が絶妙ですし、普通の水よりも分子が小さいので浸透性も優れています。ですから、スムーズに角質層にまで水分を供給してくれると見られています。

ちなみに、複数の条件をクリアしなければ「温泉水」を名乗ることはできません。
その条件のうちの一種に「美肌成分のメタケイ酸が一定以上含まれていなければならない」というものがあります。

このメタケイ酸は、自然の保湿成分であり温泉に入っています。皮膚のターンオーバーを安定させて肌をつるつるにする効果があります。保湿を目的とした入浴剤や化粧材に入っていることが多く、皮膚のセラミドを安定させる効果も持っていると言われています。

このメタケイ酸が一定以上に入っていないと「温泉水」という登録をされることはありません。北アルプス温泉水にはこのメタケイ酸が十分入っていますので、美肌効果や保湿効果を望めますよ。
ミネラルウォーターとして摂取されることが多い温泉水ですが、オイル、美容液、化粧水、石鹸などでも重宝されています。

北アルプス温泉水は日本人の皮膚との親和性も高いですし、そもそもの浸透力にも優れていますので、カサカサの皮膚の奥の角質にまでスムーズに潤いを与えてくれるとされています!

2-2.ウチワサボテンオイル

初耳の人も多い成分だと思いますが、このウチワサボテンオイルは「幻のオイル」と称されています。なぜなら、ウチワサボテンの12カ月に1度しか姿を見せない花から採取するからです。ちなみに、ウチワサボテンの種子が100万個あってようやく、1000ミリリットルのウチワサボテンオイルが確保できると言われています。

そんな貴重なウチワサボテンオイルには、美容成分がたくさん入っています。特に多いのがビタミンEであり、オリーブオイルのおよそ320パーセント、アルガンオイルのおよそ160パーセントものビタミンEが入っています。また、リノール酸という優れた保湿効果も持つ成分も入っており、リノール酸に関してはオリーブオイルのおよそ830パーセント、アルガンオイルのおよそ180パーセントも含まれています。

ウチワサボテンオイルは厳しい砂漠に生息しており、水分が乏しい環境であっても、限られた水分を自分の中にキープする能力を有しています。ですから、この保湿効果が人体に対しても発揮され、皮膚の潤いを補助してくれると言われています。

肌ケア成分は色々存在していますが、ウチワサボテンオイルほど自然のビタミンEがたくさん入っている成分はないと見られています。

2-3.サクラン

サクランは多糖類の仲間であり、藻の一種であるスイゼンジノリから採取することが可能です。多糖類としては他にもヒアルロン酸やデンプンなどが存在しますが、サクランは自然成分の中では分子が一番大きいと言われています。また、「自重のおよそ600000パーセントにも及ぶ純粋を吸収する能力」もあると見られています。

ちなみにこのスイゼンジノリは日本国内特有の淡水性の藻であり、九州の特定の湧き水でしから生きることができません。そのため、水量が少なくなり、水質も低下してきている現代においては絶滅が危惧されています。

このサクランは、皮膚に似た性質を持つ生理食塩水であってもしっかり吸収します。そして、サクランを溶かした水を肌に塗布すると、まんべんなく分子が拡散して、水分が豊富に入った網目状の薄いベールを作ります。この分子のベールには、皮膚の乾燥などを防止する効果があると見られています。

そのため、最近では保湿効果を上げるためにサクランを採用している化粧品などが増加してきているのだとか。

3.利用者満足率92パーセント!なぜここまで愛されているの?

最近は品質のいい化粧品もどんどん増えてきています。その中でViTAKTバランシングウォータージェルがたくさんの人に愛されているのはなぜなのでしょうか?

・添加物フリー
・ほとんど自然成分で構成
・オールインワン美容ジェルなのでケアがすぐに終わる
・結果的に皮膚への刺激が少なくなるので肌トラブルが起きにくくなる
・「毛穴の開き」や皮膚のくすみを改善する効果が期待できる
・1本でおよそ60日もつので価格の割には安く感じるはず
・オレンジのようなナチュラルな匂いも人気

など色々な理由がありますが、たくさんの人がこれらのこれらの事に魅力を感じてViTAKTバランシングウォータージェルを使い続けているようです。

ただ、ニキビの炎症を防止・改善するような成分は、ViTAKTバランシングウォータージェルには入っていません。ですが、実際には「ニキビケアの効果ある」という口コミも多いです。その理由はどこにあるのでしょうか。

4.なぜニキビができるのか?

ニキビが発生する最大の理由は「汚れや皮脂による毛穴の閉塞」にあります。これ以外にも、ホルモンバランスの狂いなども理由になり得ますが、ほとんどの場合は「汚れ」によってニキビが生じます。
ことに皮膚が乾燥している方は、それをカバーしようとして皮膚が勝手に皮脂を大量に発生させるので、いわゆる「油性肌」に陥り、ニキビが発生しやすくなるとされています。ですから、朝・昼・晩と十分に保湿をするように心がけましょう。

ViTAKTバランシングウォータージェルによって適切に保湿をすることに成功すれば、皮膚のコンディションが安定し、ニキビが発生しにくくなるはずです。
だからこそ、ニキビの炎症にアプローチする効果のある成分が入っていなくても、結果的に「ニキビケアの効果が出た」と感じている方が多いのだと思います。

また、ViTAKTバランシングウォータージェルはポンプタイプのボトルであり最後まで清潔に使い続けることができます。また、片手で用いることができるのも便利です。
使った後そのまま置いておいても違和感がないくらいにデザイン性に優れているのも魅力です。

バランシングウォータージェルの色々な要素が多くの人に愛されているということでしょうね。

まとめ

ここまでViTAKTバランシングウォータージェルに関して解説しました。
まず、オールインワン美容ジェルですから、これまでのクリーム・美容液・乳液・化粧水などが一度に済みますから、肌を擦る回数が少なくなりますので、それだけでも肌にとって非常に良い商品であると言えます。

また先ほどもお伝えしたとおり、ViTAKTバランシングウォータージェルは120ミリリットルで9800円もするので、決して安い商品であるとは言えないでしょう。ですが、これで約60日はもつので、1カ月当たりの価格はおよそ5000円くらいです。そして、オールインワン美容ジェルですから、他のアイテムを購入する必要がなくなるので、結果的には節約になるくらいかもしれませんよ。

何歳になっても皮膚の悩みは消えることはないと思います。「この先どんなスキンケアアイテムを使っていこうかなあ」と迷っている方は、ぜひ一回ViTAKTバランシングウォータージェルを使ってみてくださいね。

-ViTAKT
-

Copyright© 人気の美容アイテムでお肌の悩みを解決!口コミ・おすすめ・効果について知ろう! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.