ViTAKT

ViTAKTなら過剰なケアはいりません!

投稿日:

肌ケアをするとまず間違いなく顔が湿るわけですが、それだけで「十分なケアが行えた」と勘違いしてしまっている方が少なくないと言われています。
実際、単に顔が濡れるだけなのに「保水効果が高いです」「保湿効果がすごいです」などと宣伝している商品は珍しくありません。
化粧水→美容液→クリームくらいであれば普通かもしれませんが、美容液→化粧水→乳液→クリーム→アイクリームなどになると、どの段階で効果が発揮されているか本人も理解しないままに、いたずらに肌に負担をかけてしまう恐れがあります。また、どこかの段階で効果を得ることができているならまだしも、いくつもアイテムを使っても、ほとんど効果が得られない場合も少なくありません。
これでは、UVなどの外部からのダメージによって弱っている皮膚にさらに負荷をかけて、肌トラブルに見舞われる可能性をさらに高くしてしまってもおかしくありません。
適切な肌ケアを行いたいのであれば「皮膚をケアして、皮膚そのものの修復力をサポートする」ことを考えるのが重要です。そして、ViTAKTを使えばそういった適切な肌ケアができると言われています。

1.美肌を手に入れたいなら「自己修復能力」に注目しましょう

ViTAKTのバランシングウォータージェルはオールインワンの美容ジェルであり、シリコン、鉱物オイル、エタノール、パラベン、合成香料、合成着色料といった添加物が入っていません。
ViTAKTのバランシングウォータージェルのメインの成分は「北アルプス温泉水」であり、そこに「エクトイン」「ウチワサボテンオイル」「サクラン」「3Dヒアルロン酸」「天然セラミド」などがさらに入っています。その他にも自然の植物成分が色々と含有されいます。

このViTAKTのバランシングウォータージェルは「ヒートショックプロテイン」に重点を置いたアイテムとなっていますので、成人女性の皮膚をしっかりとケアしてくれると言われています。

1-1.ヒートショックプロテイン(熱ショックたんぱく質)とは?

人体の全ての細胞や組織はたんぱく質でできています。しかし、日常生活におけるUVやストレスなどの負担によって、たんぱく質はダメージを受けてしまいます。ダメージを受けたたんぱく質は、身体そのものの回復力によって正常な細胞に戻ります。
そして、その回復のためには「熱ショックたんぱく質(ヒートショックプロテイン)」が欠かせません。この熱ショックたんぱく質には、人体の免疫能力を向上させて、疾患を防止する効果があります。
また、コラーゲンの減少をブロックして皮膚などを若くキープする働きもありますし、代謝を挙げて脂肪を燃焼させて減量させる効果もあるとされています。
ですから、熱ショックたんぱく質は基本的に多ければ多いほど良いです。
この熱ショックたんぱく質はそもそも人体の中にあるのですが、年齢を重ねるにつれて徐々に少なくなっていきます。そして、ダメージを受けたたんぱく質を回復させるためには、さらにたくさんの熱ショックたんぱく質が欠かせません。
ですが、ViTAKTのバランシングウォータージェルに入っているウチワサボテンオイルとエクトインには、この熱ショックたんぱく質を多くしていく効果があるとされています。

1-2.エクトインには熱ショックたんぱく質の生成を補助する効果が

ViTAKTのバランシングウォータージェルに入っているエクトインという物質には、熱ショックたんぱく質を多くしていく効果があると言われています。エクトインという成分を今回初めて耳にしたという方も少なくないと思いますが、実は非常に重要な成分です。
エクトインはアミノ酸の仲間であり、塩分量の多い砂漠や塩水湖などの厳しい環境で暮らす微生物などから採取することができます。そのような厳しい環境において「エクトイン」が彼らの生命力を維持しているとされています。
また、エクトインには熱ショックたんぱく質の生成を補助する効果だけでなく、秀でた保湿効果もあるので、水分をキャッチして逃がさない働きがあります。
ですから、ViTAKTのバランシングウォータージェルには、UVから肌をガードしたり、細胞を守ったり、免疫系を守ったり、長時間保湿したりする効果が期待できます。
また、単に保水効果が高いだけでなく、素早く浸透すると言われていますので、日頃のケアがパパっと終わるはずですよ。

1-3.ウチワサボテンオイルにはニキビケア効果も

ウチワサボテンオイルにも熱ショックたんぱく質の生成を補助する効果があると言われています。乾燥が激しい砂漠に生息しているウチワサボテンには、水不足の状態でも自らの生命を維持する能力があります。そして、このウチワサボテンの花(1年に1度だけ採取できる)から採取できる種子の水分を抜いて、オイルを確保しています。
そんなウチワサボテンオイルには、たくさんの美容成分が入っています。ことに多く入っているのはビタミンEです。ビタミンEが肌にダイレクトに吸収されることで、肌の温度をアップさせたり、血行を良くしてくれたりすると言われています。
また、ビタミンEには、UVケア効果、抗炎症効果、メラニン色素の沈着を防ぐ効果、保湿効果、抗酸化効果、角質の硬化を防ぐ硬化なども望めます。
特に抗酸化効果と保湿効果に秀でていますので、UVや乾燥をから皮膚を守るためにもぜひう使いたいことです。
また、リノール酸もウチワサボテンオイルには入っています。
リノール酸の肌ケア効果もかなり秀でており、肌の水分の気化をブロックしてくれますし、抗炎症力によってニキビのケアも行ってくれます。それから、毛穴を綺麗にキープしてくれる効果もありますので、毛穴が目立たなくなる効果も望めます。

1-4.熱ショックたんぱく質の美容効果まとめ

・コラーゲンの分解酵素をブロックする
・コラーゲンの発生量を多くする
・コラーゲンのクオリティーを上げる
・UVによってダメージを受けた肌のDNAの回復をサポートする
・UVによる炎症や細胞への負担をケアする
・メラニン色素の発生量を少なくしてシミをブロックする

熱ショックたんぱく質にはこれらの効果が期待できますので、ViTAKTのバランシングウォータージェルでしっかり補いましょう。

2.ViTAKTのバランシングウォータージェルはプレミアム処方

ViTAKTのバランシングウォータージェルには、自己修復能力をアップさせて、皮膚のコンディションを安定させる効果があります。このオールインワンジェルを使えば、塗布しすぎ・擦り過ぎ・洗浄のし過ぎを自然に避けることが可能です。
皮膚の保護能力がダウンすると、くすんだり、カサカサしたり、毛穴が開いたりしてしまいます。ですが、ViTAKTのバランシングウォータージェルにはは、ウチワサボテンオイルやエクトインといった熱ショックたんぱく質の生成を補助する成分が含まれていますので、皮膚の保護能力を高めていくことが可能です。もちろんこの2成分以外にも優れた成分が色々と入っています。

2-1.北アルプス温泉水

ViTAKTのバランシングウォータージェルのベースです。この温泉水は非常に柔らかく硬度20ですから、日本人の皮膚にマッチします。また、皮脂と混ざりやすいという特徴もあるので、角質層の奥部にまでスムーズに潤いを供給してくれます。

2-2.3Dヒアルロン酸&天然セラミド

一般的なヒアルロン酸に比べて皮膚に残る時間が長く、保水効果が長く発揮される「3Dヒアルロン酸」や、肌荒れをケアしたり皮膚の保護機能を安定させたりする効果がある「天然セラミド」が入っています。

2-3.サクラン

サクランにはヒアルロン酸の300パーセント相当の保湿効果と、1000パーセント相当の保水効果が期待できると言われています。
ちなみに、サクランは分子なのですが、分子の中では一番大きいと言われています。
皮膚の上で、水分を豊富に含有した薄い網目状のベールを作り、皮膚を乾燥などからガードしてくれます。

まとめ、ViTAKTのバランシングウォータージェルで保湿と保水を行いましょう

ここまで、ViTAKTのバランシングウォータージェルについて解説しました。保湿と保水がきちんとできなければ、皮膚の保護能力を高めたり、自己修復能力をアップさせたりすることはできません。ですから、ViTAKTのバランシングウォータージェルを使って保湿と保水を進めていくことがとても大事です。
そして、今回紹介しましたとおり、ViTAKTのバランシングウォータージェルには、優れた保湿効果や保水効果を有する成分が豊富に入っています。バランスが乱れた皮膚のコンディションを安定させて、潤いの膜を形成してガードしてくれます。皮膚が元々持っている能力をサポートして、トラブル知らずの美肌へと近づけていってくれると言われていますよ。

-ViTAKT
-

Copyright© 人気の美容アイテムでお肌の悩みを解決!口コミ・おすすめ・効果について知ろう! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.